貸金業者からの訴状への対応

近年、貸金業者や債権回収会社により、すでに時効期間を経過した債権についての、貸金請求訴訟や譲受債権請求訴訟が大量に提訴されているようです。当事務所では、原告をアペンタクル(旧ワイド)とする訴状が、宇都宮簡易裁判所から届いたとのご相談を複数いただいています。 【参考】口頭弁論期日呼出状及び答弁書催告状(アペンタクル) 5年間の消滅時効期間が経過している場合であっても、裁判により請求することは可能です。貸金業者から訴状が届いたのに、何の対応もせずに放置しておけば、請求どおりの判決が出てしまうこともあります。そうなれば、たとえ時効期間が経過していたとしても、判決確定から10年間は消滅時効...

裁判所から支払督促が届いたら

消費者金融、クレジットカードなどの支払いが遅れている場合に、裁判所から支払督促が送られてくることがあります。支払督促は、通常訴訟(裁判)よりも安い費用で迅速に債務名義をとることができるので、消費者金融などの貸金業者にもよく利用されている裁判手続きです。 支払い督促とは 通常訴訟では、原告と被告(申立人と相手方)を裁判所に呼び出し、両者の主張を聞いたうえで、裁判所が原告(申立人)の主張を認めたときに、被告(相手方)に対して、金銭の支払いを命じる判決がでることになります。 ところが、支払督促では、申立人(債権者)の申立内容だけを審査し、相手方(債務者)の意見を聞くことなしに金銭の...

任意整理をするメリットとデメリット

任意整理とは「当初の約束通りの返済ができなくなったとき、相手方との話し合いによって、支払い条件の変更をする」ための手続きです。 たとえば、知人などからの借金であれば、最初に決めた日までに返済できなくても、当事者同士の話し合いにより返済期日を延ばして貰えるかもしれません。 しかし、消費者金融、クレジットカード、銀行などの債権者と、一般個人の借り主が返済条件変更(任意整理)の交渉をして、有利な条件を引き出すのは難しいでしょう。もしも、自分自身で任意整理を行ったとしても、お金を貸すことを仕事としているプロが相手ですから、一方的に相手方に有利な条件での和解結果となってしまう恐れもあります。...

過払い金請求の方法(その2 現在も支払い中の場合)

1.受任通知の発送 現在も債務が残っていて支払い中の場合、最初に、司法書士から相手方(債権者)に受任通知(債務整理開始通知)を送ります。この時点で、それ以降の返済は停止していただきます。 受任通知送付からしばらくすると、最初の借入れから全ての取引(借入、返済)が記載された取引履歴が司法書士事務所あてに送られてきます。この取引履歴に記載されている、借入れと返済の全てを法定利息で計算し直すことで、過払い金が発生しているかどうかが分かります。 2.取引内容のご確認、過払い金請求 取引履歴が届き、再計算が完了したらご連絡を差し上げます。ここで過払いになっていれば、司法書士から相手方に過...

過払い金請求の方法(その1 完済後の過払い金請求)

松戸の高島司法書士事務所では、過払い金請求をしたいとのお問い合わせを数多くいただいております。一口に過払い金請求といっても、支払いが完了している場合と、返済が続いている(債務が残っている)場合との2通りに分けて考える必要があります。 1.支払いが完了している場合(完済後の過払い金請求) 1-1.取引履歴の開示請求 司法書士に完済後の過払い金請求の手続をご依頼いただいた場合、はじめに、司法書士から相手方(消費者金融、クレジットカード会社)に取引履歴の開示請求をします。この取引履歴には、最初に借りたときから最後の返済に至るまでの、すべての借入および返済の日付と金額が書かれています。 ...

借金・債務の返済が苦しくなったら(その4 自己破産)

自己破産はもっとも強力な債務整理の手段です。自己破産し、免責許可の決定を得ることで、一切の借金を返済する義務は無くなります(一部の非免責債権を除く)。自己破産とは「所有している財産を処分、換価して返済にあて、それでも支払えない債務について支払い免除を受ける」手続きです。したがって、不動産などの高額な財産は手放すことになります。 自己破産のデメリット ただし、自己破産する際には財産を処分するといっても、それは不動産などの高額なモノを持っている場合に限られます。たとえば、自動車も処分するのが原則ですが、売却しても値段がつかないような自動車であれば維持できますし、その他の家財道具(テレビ...

借金・債務の返済が苦しくなったら(その3 個人民事再生)

任意整理によっては支払い可能な返済計画が立たない場合でも、民事再生を利用することで大幅な債務免除(最大80%)を受けられることがあります。民事再生によれば、住宅ローン支払い中の自宅を維持できることがあるのも大きな特徴です。 債務元本が大幅にカットできる 民事再生は、現在の借金総額のうちの一部を支払うことで、残りの支払いを免除してもらえる手続きです。具体的には「現在の総債務のうちの、法律で定められた最低弁済額以上の金額を、原則として3年間で弁済する再生計画」を立て、裁判所からその再生計画案の認可決定を得ます。その後、再生計画に従った弁済が実際におこなえた場合に、それ以外の債務の返済義務が...

借金・債務の返済が苦しくなったら(その2 任意整理)

債務整理の方法としては、任意整理、民事再生、自己破産などがあります。このうち、民事再生、自己破産が裁判所で手続きするのに対し、任意整理は相手方と直接の話し合いによって和解しようとする手続です。 自己破産、民事再生の概要 まず、自己破産は、借金(債務)の返済をすべて免除してもらおうとするための手続きであり、非常に強力な債務整理の手段です。自己破産をして免責許可の決定が出ることで、借金の支払い義務から完全に解放されます(一部の非免責債権を除く)。ただし、どんな場合でも免責許可決定が得られるわけではありませんし、いちばん最後に検討すべき債務整理の方法であるといえます。 民事再生は、...

借金・債務の返済が苦しくなったら(その1)

このページの先頭へ